www.thegalleryonbaum.com

加盟店で一切の所有カードが使えるのでもありません。◇クレジットカードの加盟店はだいたいときには5を超えるカード会社と契約しているわけですがみなの加盟店舗で全ての種類の所有カードが使用できるのではありません。一例をあげると昔ながらの加盟店のときにはJCBの印の付いているそのクレカしか切れない状況もあるし近頃の契約店だとVISAやマスターカードロゴのついているカードのみしか決済不可なときもあります。銀聯カードなどのカード会社ならば、さらに切れない商店が増えるんじゃないでしょうか。どのブランドの所有クレカが使えるかいかなる方法で確かめたらいいものか「ならどのような方法で何の所有クレジットカードが決済可能かというのを見分けるといいのか?」というと正確に理解するとしたら商店の担当者に尋ねてみるのみ、ていうのが正直なところ正しい回答です。でもおおよその店舗や料亭には店舗の入口のところに切れるカードのロゴがプリントされた加盟ステッカーが貼り付けられているから「そうなんだ、あそこの店はMasterCardが決済できるのだな」といったことが困らないようになっているから安心してもらえると思います。しかし、ちゃんと管理が行き届いていない店舗で用いる際には、ロゴが貼り付けられているお店でも「今は××カードはご使用いただけません」などの回答をもらうなんてこともあるわけでメンツをつぶされてしまう場合だってあるでしょう。やっぱり可能な限りは全部の加盟店舗でクレカが使えるようにする目的を考えると異種の印(国外マーク)が書かれている一般的なVASA、ダイナースカード、アメックス、というようなカードを複数枚財布に入れておくようにしたほうがいいでしょう(例:VISAカードをいつも使っているならもう一方はダイナースカード付属のカードを使用するなど)。とりわけ日本ではVISAカード、マスターカード、JCBカードの3つの印が入っているカードをいつも持っておけば、間違いなく100%近くのカード決済可能店舗でいずれかのクレジットカードを切るよう準備できていることになります。カードを使いこなして効率よくポイント取得を目指すためにはきっちりとそれぞれのクレカを契約しておいてほしいとおもいます。

Link

Copyright © 1996 www.thegalleryonbaum.com All Rights Reserved.