www.thegalleryonbaum.com

普通、カードの月ごとの限度額が自分がよく払う以上より高く決めいているとユーザーは余裕だと勘違いしてむやみにカードを使ってしまったりするものです。このようなクレカ使用の危険を抑制するようにするためカードの上限を前もって低レベルに設定しておこう・・・という提案が、これから記す記事の主旨です。利用限度額を引き下げる方法〇利用限度額をコントロールする方法は利用限度額を増やすこととともに、とてもシンプルです。手元のカードの背面に載っているコールセンターにダイヤルして、「月ごとの限度額をセーブしていただけませんか」と希望を相手にはお願いするだけです。普通は現時点での月の限度額よりも下であれば時間のかかる調査なしで電話一本で申請が完了します。月の限度額を引き下げるのは資産を守ることにも結びついている■カードの上限のコントロールは自分をセーブできるという良いこと以外に防犯にもなります。万が一、大事なカードが紛失等により勝手に使用されてしまった問題が発生しても、あらかじめ持っているカードの限度額を少なく決めておくなら被害を最小限にすることもできるためです。強調しておきたいのは想定外にも偽造されるようなことになった場合でもクレジットカードのユーザーに詐欺に加担するようなことと思えるものがなければ盗難保険等で呼ばれるカード保険がフォローしてくれることになるから不安を感じることはないのですけれどもし被害に遭った時のことを頭に入れておき、必要のない上限は減額しておくと良いでしょう。使いもしない余裕はデメリットなのです。

Link

Copyright © 1996 www.thegalleryonbaum.com All Rights Reserved.